ダイエット時のリバウンドを回避するには、短期間で痩せないほうがいいという指摘があります。きついダイエットをこなさなければ、1~2週間程度ではっきりと効果が自覚できるような痩せ方はできないことは想像に難くありません。1回分の食事量を大幅に減らしたり、夕食は食べずに一日二食で過ごすなど、身体への負担が大きいダイエットになります。ダイエットの期間を短期間に設定する場合は、健康を損なう可能性の高い方法になってしまうでしょう。しかし、体に負担のかかる痩せ方をしてしまうと、急に栄養が入ってこないことで、体がパニック状態になります。人体は、栄養不足の状態になったと見なすと、受け取ったカロリーをできるだけ脂肪にして蓄え、使わないようにします。飢餓状態になった体はカロリー消費を減らし、脂肪の蓄積に注力するようになりますので、少ししか食べていなくても体重が減りにくくなります。エネルギー不足の前兆を感じ摂った身体は、その後食事を元に戻したとしても、しばらくはひたすら脂肪を溜め続けます。一度こうなってしまうとなかなかダイエットがうまくいかなくなりますので、食事制限をする時には注意する必要があります。多少時間がかかっても構わないので、身体に無理のかかるようなダイエットではなく、ゆるやかに体重を減らしていくダイエットをしましょう。どうしても期日までに短期間でダイエットに臨まなければならない時には、やみくもに食事量を減らすのではなく、カロリー摂取量を調整する方法がおすすめです。積極的に体を動かし消費エネルギーを多くすることと、低カロリーで満腹感が得やすい食事を組み合わせることで、短期間のダイエット効果が得られます。そしておすすめなのがボニックプロです。こちらはボニックプロの口コミです。